ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

光陰屁の如し

今週のお題「2017年にやりたいこと」
所得税を取られない方法で金を稼ぐ事。

 

昨日の仕事納めまでフルスロットルで働いていました。
働いてたっつったって、遅くても18時台で帰ってるけど。
現場に出ずっぱりだけど上司や同期にヘルプを頼む時が辛い。
やって貰った事をみんながハケてからいちいち再確認するのが面倒。
本当に時間に追われている。その割にはガッツリ休憩するけど。
そうしないと持たない。適切な時間の使い方。
人生を適切に使っているとは余り思えないけど‥。

 

なんだかんだで賞与が出た。
6桁目がギリギリ繰り上がってて良かった。
しかし社への貢献度や売上を考えたら‥。
何故か俺が一番売り上げているはずなのになあ。
それもまた歪な状況なんだが。

 

もっとよこせやとはトップ面談で伝えた。
老害を切って欲しいとも伝えた。
退職金上積みでバブルの残滓を駆逐すべきだ。
そいつらは逃げ切ったら勝ちだけど、
俺達世代はそうじゃないからなあ。

 

毎日毎日就活サイトから求人が届く。
近所なら。通える範囲なら!みたいな案件が多い。
面白そうではあるんだけどね。でも関西が好きなの。

 

そんな事を検討している暇も無いほど、
短期集中型の毎日が続く。
イオンでビール買ってベンチで呑む日々。
クールビズよりビールクズ。良いじゃないか。

 

喧噪と混沌の日常を癒やしてくれるのは、
やはり先般知り合った方。
電話1時間越えは当たり前となってきた。

 

遊びに行った日の夕方、
一度お別れを告げられたのだけど、
その原因が僕に無いという事が分かったので、
まあぼちぼちいってみませんかという事で延命した。

 

どうしてもその後呑みたくて、
というか鹿島とレアルの試合を見たくて、
呑みに誘った。

 

早めに着いて、少しずつ話す。
電話だとあれだけ話せるのに。ふしぎ。

 

長い間の後試合が始まった。
歴史的な試合を、生で観戦出来る以上の悦びはそう無い。
沸き立つ鹿島ユニのおねーちゃん。
黙り込むレアルユニの兄ちゃん。そして鹿島を応援し始める。

 

正直鹿島は好きじゃ無い。
京都軍にとっては、2002年度の天皇杯決勝位しか
良い思い出が無いからだ。
当時は後半ラスト十分になると、所謂「鹿島り」が始まる。
これはアテネ五輪バーレーン代表も取り入れた戦術だ(嘘です)。
誰かが順番に倒れ始める。露骨な時間稼ぎだ。
「本山!お前そない削られてへんやろ!」
何度叫んだ事か。

 

ただ、あの日の彼等は凄すぎた。
問答無用で凄いとしか言いようが無い。
飛車落ちベイル抜きとは言え、レアルマドリーを押し込み、
疲弊させ、柴崎のミドルで瞬間的に勝ち越し、
全世界に「いけるんちゃう!?」と思わせた。

 

小笠原が選手交代でピッチを去る時、
自然に俺が拍手し始めてしまって、全員がそれに呼応する。
良い雰囲気だった。


全員が限界以上に頑張った素晴らしい試合だった。

 

あの瞬間、あのバーの空気感。
そんな空間を共有出来たのは良かった。
サッカーを知らない人に見せるには最も良い試合だと思う。

 

さっきまで別れるとか言ってたのがもう消えちゃった。
そこからまた仲良くなって、何度も遊べて良かった。
行きたい所も増えたし。

 

何というか、凄く楽。
お互い喧嘩にならないという事が無かったから、
とても新鮮。かつありがたい。
噛み締めながら、アホ話で無駄なパケットを浪費する日々。
電話とかめんどくさいしテレビ見られないし嫌だったんだけど、
この人とはそう思わない不思議。

 

カオスな会社もネタになる不思議。
年明けにまた遊ぶんだけど、早く会いたいな。

 

 

http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/8688059.htmlblog.livedoor.jp
blog.livedoor.jp
www.honmotakeshi.com

 

レンタルした深夜食堂のうたが良すぎる!


福原希己江 -- できること