ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

心のハゲ

サッカー見た後に飯食いに行って、
妹が喚きだして大変だった。

 

隣のガキ連れのテーブルで、ガキが喚くから気になったっぽいのと、
飯が出て来るのが遅いから怒ってたみたい。
知らんがな。

 

家がハンデ過ぎるわ。
人生諦めてるから良いけどどうせ。

 

イライラして机の下から脚蹴りまくっても
どうにもなりゃせん。
こういう時は世界中を呪う事にしている。

 

どいつもこいつもヘラヘラ笑って楽しそうにしやがって
ヘラヘラ笑ってる時は他の誰かが泣いているのだ

 

これもどうでも良い事。何も変わりはしない。
ずっとこれが続いて人生が終わっていくだけ。

 

くたばれ。どいつもこいつもくたばれ。
こうとしか思えんわな。そういう時間もあるだろう。
仕方無い。仕方の無い事だ。
何も考えないあの頃に戻るだけ。

 

平和と自由を享受出来るのに何もしないのは愚鈍だ。
ああお前には鎖も何も無いでは無いか。
グダグダ言う前に走って行けよ。

 

そう思うね。なんでも出来るやつはやれば良いんだよ。
出来なくなって行き詰まったら死ねば良いんだから。

 

また意味も無く散財をしている。
今日はマイクを買った。コンデンサマイク
使っても居ないダイナミックマイクが2本もあるのに。

 


全てが淡く遠くなっていく。
この世から消え去ってしまう前に、
少しでも繋ぎ止めたかったのかも知れない

 

引っ越しが決まったら、新しいギターを買うかも知れない。
決まらなくても買うかも知れない。

 

ついこないだ、欲しかったギターの左利き用が安く出ていた。
次の日には売れて無くなってしまったので非常に後悔した。

 

左利き用を右利き用に改造して使いたい。
全てはただそれだけ。他人と同じ楽器を持ちたくない。
個性個性と宣いながら没個性
持つギター位誰ともカブらないものが良い。
まあ個性とはそういう所から始まると信じている。

 

世にあるギターを各種類1本ずつとか、
買っていこうかなと思っている。
レスポールストラトテレキャス、モズライト‥。
全ては何かを繋ぎ止めたい ただそれだけ
最近は日々意識が薄れていく‥。
下らない仕事が精神を蝕んでる。

 

ここでは無いどこかへ行きたい。
自分自身という業から解脱したい。
生きている限り、自分という弱点を抱えて死に向かうというのは、
ハンデ戦過ぎる気もしてきた。

 

最近はこういう下らない事を考えるスキマすらない位仕事で埋め尽くされている。
と言っても帰宅時間も遅くないんだ、
地方ではまだマシな方の賃金
しかし何故だか分からんが最低の気分

 

毎日毎日降って湧いてくるワケの分からん問題 理不尽
他人のツケを払わされるだけの仕事という名の雑務
毎日ウンザリする。
また彼等の尻拭いをしながら定時一杯まで
定常業務を乗り切らなければならない

 

行く前から帰りたい。なんならもう今帰りたい。
帰りたい。帰りたい。どこへかは分からん。
意味不明に部屋を借りていたのも、
一緒に住もうとしていた家に似ていたからかも知れないし、
この家を出て行きたかっただけかも知れない。

 

自分の言動には一貫性がない
記憶はすぐ飛ぶ
帰宅までには酒が入る

 

後何年生きられるのだろう
南極に行く少女達のアニメは最高だった
世界のなんたるかを殆ど知らないまま死んでいく
何と滑稽で愚かな事だろう。そして悲しい。

 

仕事は3つまでと決めていたが、
当たり前の様に4つ同時並行となると
更にこれが常態化してくると、
自分のストレスと疲労はピークに達してくる
土日では取り戻せない
35を過ぎ心身共にピークを過ぎたと確信する
疲労が拭えない いつまでこんな馬鹿げた
尻拭いを続けさせられねばならんのか

 

一個一個きちんとやればいいのに
それが一番近道なんだよ

 

仕事の三角食べは一番良くないよ
もうほんと良くない 一人なら良いけどね。

 

35を過ぎると、別段楽しい事も何も無いし
どうしたいとか何も無くなってきた
休みの日は寝ていたいし、パソコン触っていたい
一人の時間を満喫していたい
感傷に浸る事が出来るのも一種の贅沢なのかも知れないな

 

記憶力が年々おちていく
どうでも良い人の名前などはさにあらず
色んなことを記憶出来ない

 

仕事に関係無い事はよく覚えているけど

 

先日の風俗嬢の接客は完璧だった
エロ以外の所が良かった。
神経通ってるんか怪しい人間が増えつつある今
ちょっと感動すら覚えた
これからも一生完動一生性春を目指す。

 

果たして海辺の街でサー(↑)ファー(↑)に
なれる日は来るのだろうか
都会の人やし都会離れたら途端にあかんかも知れないが。
あまりにも僻地に居った時、静かすぎて寂しくなるものな

 

群れる奴は馬鹿だ群れるしか能が無いとか言いながら
自分が一番そうなのかも知れない

 

今生きてて何一つ楽しい事は無い
そんな風なおっさんになるものかと
思ってた俺がなっているんだから
もうどうしょうもない

 

35という年齢を過ぎると、感覚が変わりまくる。
もうちょっとそういうのを学校で教えて欲しかったな
女性も誰見ても同じに思えてくるヤバさ
みんな内面が実年齢より10歳位幼いと思う
何かそんな気がする

 

バンドを組みたい気はあるのだが
そこまでの気力体力が維持出来ない
婚活に言ってもそんな感じかも知れない
このまま緩やかな砂漠の様な人生を終えていくのか
なんとつまらない事だろう。

 

眠ろう。眠る事だけが唯一の。
しかし風呂に入らないと刺される夢を見てしまう。
気をつけよう。返り討ちにしたが気をつけよう
そんな夢は見る必要が無い

 

ああ思い出した
俺は「夢」という文字が嫌いだったわ

 

 

のんびり仕事したいわ
どうせ生活保護以下なんだし
しかし年間売上の8割は俺が生んでるって
どんな状態やねん‥

slow down

先週の残業からハイになっていて、
この間に今月のノルマを終わらせてやろうと
かなりの量を進めた。

 

祝日の昨日に、雑務を終わらせようと
休出の申請だけ出していてとりあえず行ったものの、
現場工事が煩すぎてちっとも集中出来ず、
挙句、ちょっと疲れてきて昼前には帰った。
書類のフォーマットだけ作れたので良しとしよう。

 

1日休むと、取り戻すのに1.5日掛かる。
同僚と上司が下手くそすぎるので、
現場やデータがめちゃくちゃになるのだ。
前の彼女も似た様な事を言っていて、
休みたくないと言っていた気がする。
俺はそんな幼稚な職場に一切関わりたくなくなる。
子供でも出来る事が出来ない。言ってる事はご立派だけど。

 

年度末の繁忙期を抜けたら就活を始めよう、
というか既に数社応募はしているが。
毎日何も無くて良い。平穏無事に終わりさえすればそれでいい。
成長も発展も要らない。毎日同じで良い。
仕事なんか生活保護。どうでもいいんだから。

 

帰ってこない年金。年寄りを食わせる為に
バブル以下の世代は食い物にされる。
高給取りのバブル老害はほんとくたばって欲しい。

 

毎月の明細を見てどれだけ奪われているか
見るだけでウンザリする。
俺達が歳を取る頃にはナマポも無理。
若い子がかわいそうすぎる。

 

外国人への無駄な支給を即刻辞めろ。
支給した分は利息付きで各国政府に請求を掛けろ。
戦争に負けただけでこんな事すら出来ない。
最大不幸社会で何を満足して暮らしていけるというのか。
反日野党の遊びに付き合っているヒマは無いのだから。
歪んだ政策は正されなければならない。

 

考えれば考える程ウンザリしてくる。
平気で不正しててそれを見抜けない上司。
口開けてるだけのバブル老害。使い殺される若手。
そんな業務の為に別部署で金を稼ぐ意味が分からん。
リストラしろリストラ。全部切れ。

 

毎日毎日こんな思いで働くのは本当に苦痛だ。
大したカネにもならないのだから余計に。
一般社会では更にここから残業代が支給されなかったりする訳だ。
ナマポ暮らしより遙かに遠い「健全な」暮らし。

 

疲れて来たので今日だけサボる事にした。今日だけ。
明日はまたデータ整理から何から何まで全てやらなければならない。
成長しない、日本語の通じない連中を相手に戦うのは限度がある。
1ミリも楽しくないのだから、もう変わっても良いよなと思う。

 

多分俺が抜けると、会社ごと頓挫すると思うが、
まあ知った事では無いし。

 

心を取り戻す為に、動き始めなければならないと
皮膚感覚が告げている。

 

平和に暮らしたいだけだ。

ああ大学出てないから悪いのか、
使い潰されて30歳の手前で一回離職したのが悪かったのか、
家庭環境のおかげでやりたい事がやれないから
2番目を見付けられないのが悪いのか
生まれてきたから悪いのか
あの仕事を明日に残して今日は疲れ切って帰ったのが悪いのか

 

よく分からない。
あの時の何かの悪行がこんな仕打ちを与えているのか。
本当によく分からない。
某メーカーの半分寝てるだけの仕事に戻りたい。
あの頃が一番心身共に健康だった。

 

35を過ぎ、心身のピークを過ぎ、
零細特有の120%フルスロットルでいつまでやれるか
到底自信が持てなくなってきた。
しかもあの成長しない連中とだと、
多分恐らく死ぬまでその状況が続く。
賃金も増えないのに。恐ろしい事だ。というかもう無理。

 

勤務時間だけでは括れない、
何か恐ろしいパラメータがあるよなきっと。

 

ここにこうやって書くのは、話し相手が居ないからだ。
若い人はどうか少しでも良い会社に。
就社するならの話だけど。
俺はもう無理な気がしてきたわ。アホに仕えるのはちょっとな。

 

何がしたいとか無いんよな。
誰にも会わずに死ぬまでひっそり暮らせたらそれでいい。
その為に株の勉強とかしたいんだけど、
気力が殺がれて何も出来ない。本当に辛い。

 

楽したい。楽な仕事で良い。
アホみたいに行き当たりばったりで
予定を詰めてこない職場に逃げよう。
どうせ頑張っても何も変わらないんだし
そもそも頑張りたくない。会社の為には。

 

こころのしあわせから、いつも程遠い所に来てしまう。
それは何故だかよく分からない。
このまま死ぬなら何という不幸な一生だろうと思う。

 

 

www.mag2.com
hosyusokuhou.jp
lifehack2ch.livedoor.biz

 

 

雨の朝

変な時間に起きて眠れない。
昨夜遅くまで残業したからだ。
遅いったって21時だけど。
もうフロアにはほぼ誰もおらんかった。

暖かくなって着るものに難儀する。
朝着てきたダウンはほぼ帰り荷物になる。

春は別れの季節。
色々思い出す。
拭い去れない記憶と、取り戻せない何かを。

年度末の多忙が鬱陶しい。
単調な仕事。もうやりたくない。
就活するにも土日休んだら終わってしまう。
良くないが心身共にピークを過ぎ下降線。
若さはカネでは買えなかった。

夢のカケラにしがみつく為に、
新しいギターを買おうか。
もう殆ど弾けてない。

わずかに残った感情も、
失われていく心持ち。

今年こそ違う会社に行こう。

心が渇いて、
とまらない。

美山・カレン・ロバート

と言えば、天皇杯マリノス戦での鬼ドリブルだよね。
ああいうエゴ丸出しのプレーを沢山、
今年のJリーグでは見てみたいものだ。
失敗したらDFしに行けば良いんだから。
相手の前に張り付いてるだけの守備はもう辞めて欲しい。

 


『貴重映像』天皇杯横浜F・マリノス戦で2点ビハインドを追いついた市立船橋

 

イントラネットが止まって仕事にならなかったのだが、
そんな時こそ改善でもやってれば良いのにみんなサボってる。
悪い所だらけなのにな。暇そうで羨ましい。
こっちはやる事ばっかりだ。

 

転職サイトから、応募してくれみたいなのが来た。
面白そうだけどそれ俺に出来るのかな?みたいな。

 

これなら出来るだろう、で仕事を選んでしまった今は後悔している。
当たり前の事が出来ないレベルの所で、
当たり前以上の事をやりたい人が素人のケツを拭かされている。
すこぶる退屈。
何故そんなに工具やデータが無くなるのか不思議でならない。
下手くそなんだよ要は。出来るだけ関わらない様にしてる。

 

多分ぼちぼち変わり時だと思う。
あっという間につまらない一日は終わっていく。

 

ジムに行き、左脚を多めに鍛えるのがマイブーム。
片足で80kg位は上げられる様になってきた。
やった直後は膝の据わりが悪くなって怖いけど。
細い細い左脚の骨。あのレントゲン写真は未だに悲しくなる。
折れてなくて良かった。

 

手術前のあの頃に戻りたい。
あの人と出会う前のあの頃に戻りたい。
心を喪う前のあの頃に戻りたい。
戻りたい場所が多過ぎて、どこにも行けない。

 

深夜にそういう事を考えるととても悲しくなる。
悲しくなるヒマさえ無い日常を過ごす今では、
悲しみを思い出すのも、懐かしい。

 

手を伸ばして、沢山のものを得ながら、
多くのものを喪う。


人生は選択の連続だ。正解も不正解も無く、
選んだ選択肢に沿ってただ進んで行く。

 

並行世界では、きっと私はしあわせなのだろう。
めでたい奴になりたくない。
あんなめでたい奴になど、なるものか。

 

毎朝の通勤でも、色々な事が起こる。
頭の悪いロード乗りは今日こそ死んでないかなと思い、
いつもすれ違う犬は俺に近寄ってくれるし、
空は雲一つ無い快晴で、木々には蕾が。

 

枯れた様にしか見えない木々も、
春には蕾が付き、花が咲くのだ。

 

何かを始めるに遅すぎる事も早過ぎる事も無い。

 

心身の限界と衰えを日々感じる。
このままこのつまらない場所で死ぬのだろうか。
もう飽き倒しているのだろうな。

 

呑んで帰った後の深夜の水が一番旨い気がする。

 

人妻との会話が止まらない。延々喋ってる。
誰でも喋りたい訳じゃ無いからなあ。
あわよくば寝たいけど寝なくて全然良いし。
頭の良い女性と喋ってるのは楽で良い。
感情的になって喚かれても面倒だし。

 

人間を大事にしろと言われた。見切りが早過ぎると。
ちょっと絡めば有益か不利益かはすぐ分かるだろ。
不利益ならそっと去るだけ。有益なら喋る。
余り友人は居ない。沢山居るタイプでは無い。
深い所で繋がっている知人が少し居ればそれで満足だ。
友人の存在は財産だとこの歳になってそう思う。

 

芸事と全く程遠い世界に生きている。
思い付きで行き当たりばったりでミスだらけの世界を。
もううんざりしている。最初からだけど。
きっともう次に行く時だ。

 

摩耗でやる気が無くなるってのが
ブラックの強さだよなあ

 

 

何か新しい事を始めたい。始めなければならない。

眠るように眠りたい

共闘者にはあっさりふられました。ハハ。
なんかもう、女子と何喋って良いかすらよく分からん。
思ってた事を全部伝えておしまい。

 

婚活も無意味だと思っているし面倒になってきた。
一人の方が楽だしな。足手纏いにもならないし。
久々に知り合いの人妻に話し掛けたら、
向こうも話し相手が居なくて、なんか知らんが
ここ数日で数年分は喋っている。
お互い火の星座なので話がしやすい上に、大人。
すんごい楽。

 

色々話している内に、向こうが女性であった事に気付いた。
もっとクールでドライに見えていたんだけど、
意外と女の子してるんだなという。
老後まで友人としておれたらええなあと思う。

 

何でもかんでもすぐ手を出すから
女友達が居なくなっちゃうんだよね。

 

報道番組を見ていて、AIに置き換わるであろう仕事を、
「つまらない仕事」と形容したコメンテーターが居て、
なんか知らんけどとても傷付いた。

 

大学の教師かなんかだったけど、
人の上に立つ人の教育をする人が、
人の心を踏まえないコメントしてっていう。
なんかそれが凄い悲しかった。

 

機械に置き換わる前に人の心って僕には残っているのだろうか。

 

俺の仕事は今すぐでもロボに変わって欲しい位だ。
とても忙しい。
手作業なので時短出来ない所もある。
出来る所はやり尽くした感もある。
もっと抜本的に早めたいけど、そのための時間も考えるゆとりも
今は無い。

 

ワイドナショーで大学受験コケたって子が居て、
なんかモバイル絡みの起業をしたいので慶応に行きたいつってて、
そこにコメンテーターが噛み付いてた。
そのコメンテーターは全く好きじゃ無いんだけど、
起業したいから慶応ってのが全くわかんないなと思ってたら
その子に思い切り問い詰めてた。

 

大学に落ちたので腰掛けでアイドルしながら、
受験の機会を待つんだとか。

 

なんかよう分からんよね。
慶応行かなくても起業は出来るし。
アイドルやる意味も分からん。

 

アイドルって今はそんなに美人も居ないけど、
器量ではてっぺんになれないので
慶応という箔を付けて
腰掛けでアイドルやって適当に卒業して
そこで稼いだ原資で起業して
順風満帆な人生を過ごしたいです

 

これ位言ってくれたら分かるんだけどね。
なんか等号で繋がらない事をもにゃもにゃ言うから
さっぱり分からなくて。

 

分からん。人を食った様な、煙に巻く様な話が多過ぎる。
炎上を恐れて品行方正な嘘で塗り固めるから余計分からん。
堂々と野望を語れば良いのに。
今時珍しいって好感持てるよ。知らんけど。

 

この「知らんけど」で台無しの話でした。

 

 

数少ない友人と呑んでて、また熱心に引き抜きされ掛けてた。
燻ってる位ならウチにくれば?って。
賃金と労働時間はごっさ増える。
まあ良い事だけどね。勇気が足りないな‥。

 

これなら出来るだろう、で選んだ今の会社は
一秒たりとも面白い瞬間が無い。
当たり前の事を当たり前に持ってくるだけでヘトヘトだ。
工具すら選定出来ない。そんなおもちゃを買うなと。
100均の工具か、狭い知識で選んだすんごい使いにくい工具。

 

自分と自分の仕事しか信用してはいけません。

 

年度末なのである程度の範囲で好きなもん買えや的な
ベタなノリになって、
欲しかった電動ドライバーを追加してみたり。
やっぱりマトモな工具は違ったり。
やっと仕事が出来る体制が整ってきたなと思う。
自分だけで良い。もう他人は良いわ。足引っ張られるだけ。

 

そこまでして何故しがみついているのかもよく分からん。
離れる事を検討する為の時間と精神力も保てない。
ああ言い訳だよこれは。そして言い訳だらけの会社に埋没。
埋葬されていく。

 

大杉漣が亡くなって、少なからずショックで。
あの方特に大病されてなかったような。
パワフルで優しくて元気でってイメージしか無かったものな。

 

北野映画を結構見るんだけど、殆どの作品に彼が出ていて。
彼と言えば北野組っていう。もうそういう感じだった。
アウトレイジ最終章がラストになっちゃったのか‥。

 

個人的にはHANA-BIが一番好きだった。
普段しょっちゅう怒ってる大杉漣より、
ある境目で急にキレてしまう武の方が遙かに怖いという、
そういうなんというか、人間の切り替わる瞬間みたいなものを
垣間見せてくれるようなものだった。
自分も後者寄りなので、なんともよく分かる所はある。
ここまでは、という境目があるよな実際。

 

そこを越えるとどうなるかは分からない。

 

 

殆ど誰もいない #プロジェクションマッピング #京都鉄道博物館 #projectionmapping #nightlife #darkside #black #illuminati #beautiful