読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

水たまり

社畜が屠殺所に着き、
(屠殺場って一発変換出来ないんだな-。登録しとこ)
ヒビ割れたボロボロの黒いアスファルトの地ベタを見ていた。

 

あ、今朝の話ね?

 

謎の降雪があった京都なんだけど、
地べたには水たまりが残ってた。
出社時には綺麗に晴れて、すこーーーーんとした青空。

 

水たまりには、その綺麗な青空が切り取られていて。

 

俺はたまらなくその中に入りたいなと思ったの。
昔あべこべミラーってドラえもんの道具があったんだけど、
その鏡の中に入ったら、全ての価値観が
逆転している世界が広がっていた。

 

逆さの世界。憧れるよね。

 

私には綺麗な妻が居て、完璧な子供が居て。
私は完璧で、何不自由なく過ごし暮らし、
毎日しあわせで、生きとし生けるもの全てに感謝をし、
自分を苦しめるものや邪魔をするものが何も無い。
そんな、ただのとても美しい世界。

 

私の住む世界はなんて美しい世界。
なんと美しいのだろう。言葉にならない。
素晴らしい世界。愛すべき世界。
私の住む世界。私の居場所。私の世界。

 

この辺りからどんどんギターノイズが乗ってきた。
こういう曲だよな、歌うとするならば。
甘ったれたガキ共がちちくり合ってる歌や
絶望や悲しみを知らない連中のうわべだけの歌じゃ無いよね。
そんなもんじゃ救えないし救われない。

 

とにかく俺は、今日一日、
水たまりの向こうに行きたかったんだ。

 

黒いアスファルトにすら、映える蒼い空。
きっと向こうの世界の俺は、楽しく笑ってる。

 

知らんけど(笑)。

 

寒かったからと言う理由でうどんすき。
出汁のレシピをネットで落としてきて、それからずっとそのお出汁。
俺が最初作った時は、頭をはたくまで妹の味見が止まらなかった(笑)。
うどんすきは安いから好き。せいぜい出汁が高い位。

 

展開が良く分からなくなってきたアニメを見て、
風呂に入って、浸かって、ぼーっとしてたら呼吸が荒くなってきて。
これは泣くのかな?と思ったら眠いだけだった。
泣くようなキャラちゃうしな。すぐ泣く奴は信用するな。
女性の涙はもっと信用するな。アレはCGだ。


信用出来る人に囲まれてきっと楽しいんだろう
水たまりの底の俺は。

 

知らんけど。

 

全ての裏切り者が最低でも半身不随以下の不幸を被りますように。
焼け爛れれば良い。

 

 

死ぬ前に殺す前に
既に遙か高次の別の次元に居る。

 

 

喰らった拭い去れない傷は、無理に忘れなくて良い。
無理に置き去りにしないで良い。

 

蓋をしてはいけない。
いつか溢れ返るから。制御出来なくなるから。

 

いつから、押さえ込んできたんだろうな。
ガマンを、してきたのだろう。強いられたのだろう。

 

わたしの、あなたの、
素晴らしさを分かってくれる人が、
きっとどこかに居る。

 

自分では良く分からないけど。
自分に興味はやはり持てない。

 

どうでも良いのかも知れないな、自分の事など。

 

裏切り者は裏切った時点から不幸だからもういいでしょ。
もういいでしょ。もういいでしょ。
耐えて傷付いて、また耐えて。

 

そうやって折り合いを付けながら、必死に生きてきたのでしょう。
ガキだのクズだのなじられても、もう気にせずとも良いでしょう。

 

偉そうに説教する輩など信じるな
ロクなもんじゃない。

 

自分を信じろなんて言う奴、絶対に信用するな。
自信が無いからそんな事しか言えないんだ。

 

絶対に俺なんか信用するな。
なんかを言う事が必要なのであれば、きっとそう言う。

 

燃え落ちたひとひらの灰の様な
目付きが辞められなくなった。
別に何かを意図してる訳じゃ無いんだけどね。
疲れ果てた。嘘と裏切りと混乱に疲れた。

 

平和って、落ち着かんな。

 

 

 

一人暮らし辞めようかな。めんどくさくなってきた。
部屋代家に入れた方がマシかな。
もうなんでもいいんだけどね。どうでもいいし。

 

生まれてきた事と生きる事は間違いで徒労だよな。

 

 

lifehack2ch.livedoor.biz

 

 

 

広告を非表示にする