ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

カウンセリングサービス■心理学講座「許しと手放しの心理学」

http://www.counselingservice.jp/lecture/lec164.html

  • 感情をそのまま、感じよう。
  • ひとしきり感じたその後は、相手の心境になってみよう。僕はこれが共依存だと分かっているから言うんだけど、彼女はまだそれが分かっていない。運命の出会いだと思っている。そこ辺が違うんだろう。どうしょうも無く好きな人で、僕を裏切ってまでもそうしたいと思えたわけだ。これはまぁ、向こうも相当悩んだんだろう。それで良いかと思える。ただ近い内にそれはきっと破綻する。私の数百倍の痛みと共に。それを避けさせてあげたかった。過保護気味かも知れない。執着かも知れない。でも、それをなるべく避けさせてあげたかった。どんな事をされても好きなんだ。今急に気持ちを切り替えるのは無理。ただ怒りや悲しみの感情は解放したので消えつつある。かなり近い未来に破綻するのかも知れないし、一生を共にするのかも知れない。それは俺の知る所ではない。
  • ただ彼女は、アレとの出会いを運命の出会いと思っている。痛い目を見て貰うしかないわな。それも勉強。
  • その前の彼女も、やたら長ったらしい病名付けられてたけど、結局は過去のトラウマを癒せていないだけなんだろう。そんな事になってるって事自体、腹立たしいし、むかつく。とても良い子だったのに。
  • 次がもしあるのだったら、僕が少しでも癒さないといけないな。その為にまた勉強をしよう。もう前の彼女はどうでも良いから。来ても来なくてもどっちでもいい。先の事を考える。少しでも前向きに。後ろを向いていても進まない。留まっていても意味がない。