読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

MoonBeams

死、生きる 愛着障害 アダルトチルドレン

変な時間に目覚めて眠れないでござるの巻。
経験上、こんな時は何かを書かないと眠れない。

 

目覚める直前の夢の話。

車の助手席で、なんぞ指示しながら運転して貰っていた。
仕事の延長か(笑)。
で、いきなりガキを後ろに乗せたおばちゃんのチャリが、
一瞬宙を舞って、前輪から地面に突き刺さった。
おばちゃんはアゴを折っていた。割とリアルやなあ。

突っ伏して動かないおばちゃん。
横断歩道の整備をしている暇な近所のジジイはガン無視。
いやいや気付け気付け。反応して判断しろ。救急車呼べ。

その横を、教習所の教官ばりに指示を出しながら、
多分今仕事を引き継いでいる兄ちゃんが運転して
擦り抜けようとするんだけど、ビビって出来ないで居る。

実際擦り抜けたらダメなんかな。よう分からん。
車乗ってると危ない場面が多い。明日は気を付けよう。

 

その後しばし、おふとぅんの中で呆けていた。
気候が個人的に最高の状態を迎え、
なんというか、月の波動的なものを感じる。
ここまで書くと新興宗教臭いのだが、もうちょっと控え目に書いて、
ふんわり、とか、やんわり、とか、そういう感じ。

 

夏の徳島旅行の宿代の決済が来て、正直今月もカツカツというか
本気で赤字になりそうだったんだけど(あくまで貯金目標に対して)、
盆の休出頑張ったおかげでどうやら免れた様だ。
これは結構ほっとした。

実家には8万も出せないと伝えたので、出さない。
いつまでも何も出来ないしこんなん。
大体が家賃が高すぎる。安い家を紹介して貰ったにもかかわらず
ゴネて破談にし掛ける。
食費を削るかと言えばそうでも無い。どうでも良い物をしょっちゅう買っている。
職場から遠くなるのが嫌だから引っ越しにも乗り気では無い。

入院していた時から、母親が一番ネックだなと思っていた。
父親と妹だけの家は、俺が飯作って家事やってしてて、
何の文句も出ないしとても楽だった。
家畜の様にえさ食わしとけば良かったから。

父親は明らかに食費を払い過ぎていた。
俺が会計をやってたら財布に金が貯まる貯まる。


大体金が無い無いって、何がどう無いのかさっぱり分からない。
数字で出してくれないと分からないしね。
現に8万出さなくても家は回ってる。それで良いでしょうにね。

普通は親は子供の後押しをするものでしょう。
こないだNHKBS、エロ仙人のこころ旅を見てて、
結構良い手紙だなとグッと来た。

 

www.nhk.or.jp

この手紙の主の御尊父様が、本当に素晴らしい方で、
エロ仙人が手紙を読んでるのを聴いて、
「そうや!親とはそうあるべきやろ!」
「かっこいいなあ~」
と、呟いてしまってた次第。

良い手紙なので是非読んでみて欲しい。
親子の確執からの和解という、ネタ的にもアダルトチルドレンには響く。

 

この一年間、それなりに頑張ってきた。
訳も分からず飛び込んだ世界で、全然ついて行けてなかった所から、
まぁ及第点取れる位の作業力は身につけた。
一日で辞める人が居る位の状況で、脚立にメットに重い機材に。

毎日が葛藤と戦いの日々で、そんな中二つの離別。
父を亡くし恋人と別れてから、自分はとても楽になった。
負担が家族だけになったから。

今でも、離れ、別れた全ての異性を思わない日は、無い。
これはきっと、女々しいとか、良くないのだろうなとか、思うけど。

自分が至らなかったなとか思うけど、
合わない部分も確かにあったなと。

そう思えるまでには、成長出来た。

自分の場合は、無条件に想って貰える相手が居ないとダメだし、
興味を惹かれる相手は得てしてアダルトチルドレンなのだし、
殆ど絶望的な状況だなとは思う。

もう多分ダメだな、と諦めていた所に、
今日なんか隊長と喋ってたら、
「子供産まれて運動会とか出たら、カラダうごかんで~(笑)?」
って言われて。
ああこの人は、俺が当たり前に結婚して所帯を持つものだと
完全に疑いもせず信じてくれてはるんやな、ってちょっと驚いて。

人の評価というものはわかんないねほんと。

 

とにかくまあ、がむしゃらにやったりしてる内に、
まぁ手抜きのほぺちゃん、要領をかませる様にはなってきた。
無駄な力が減った分、視界が開けて来た。
周りの人が助けてくれるので、お返しをした。
そうする事で、友達や仲間も増えた。

一時はどうなる事かと思ったけど、
周りの助力を得て、どうにか生き残れそう。
自分の考え方とか、斬新な切り口は、充分に活かせる。
自分の売りである傾聴、聴く力も充分に活かせている。
たどたどしい説明で主張してくる後輩に、
「つまりそれは?」と真意を引き出して、
解答したり、一緒に悩んだりしている。

まぁそこまでウルトラな人材でも僕は何でも無いので、
今目の前にある事を日々乗りこなしつつ、
仕事サボりつつで生きている。

多分はっきりここに書いた事は無かったと思うけど、
自分は日々成長していると思う。

 

世の中や人生には、理不尽な事も沢山あるのだという事も分かったし、
その時どう乗りこなせば良いのかと言う事も分かったつもり。
波が激しい時は、ただひたすら耐えて、去りゆくのを待てば良い。
調子に乗りそうな時こそ手綱を締めて、じっくり歩めば良い。
視野が広がって、気付かなかった事にまで気付けるから。

少なくとも、学生時代のあの頃に比べれば、
なんて事は無いのだから。

今はみんな助けてくれるから。

マトモな人はこの狂った会社のアンポンタンなやり方に辟易したり
キレてる人も居るけど、俺はそんなのどうでも良くて楽しんでいる。
郷に入れば郷に従え。規則が変だと叫ぶより、そこで何をするかを考えたい。

他人を変えるのはとても大変だし無理だと悟ったからな。
やれる範囲の事だけを精一杯やってりゃ良いんだよな。

あの人と、もっときちんとお話し出来たら良かったな。
自分の声を聴いて欲しい。でもあまり強く言われたり、
無理だと悟るともう何も言えないんだ。

議論と衝突が苦手なんだよ。
穏やかに話したい‥。

広告を非表示にする