読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

アダルトチルドレン 自助グループ

アダルトチルドレン 愛着障害 死、生きる

また行って来ました。

 

「晩飯、何?」冷凍肉を下ろしてるともう行けない。
「鍋でもしようかなと」出た。忍法鍋縛りや。これでまた拘束されるねん。
「決まってないなら要らん」
「鍋、明日にしようか?」
どっちでもいいですもう(笑)。
開催時刻が夕飯時なので、いつもこのやり取りをしないといけない。
早く一人になりたい。

 

いつも通り行く予定だったんだけど、
梅澤春人先生のboyを今更読み返し始めたので、
どう考えても遅刻する計算だった。

 

こういう時困るよね。ちょっと遅れる、位が一番。
義務でも無い場合は一番困る。
いこかな、いかんとこかな、ラーメン食ってかえろかな?
微妙なミスって、まだ気になるかも。

 

で、諦めて行って、諦めてってのもおかしいな、とりあえず行った。
自分はやっぱり今一番旬な、愛着障害について話した。
やはり相手の目を見て話すのは難しい。俯き気味になる。
いつものクソ度胸はどこ行ったよ(笑)?って感じ。

 

今日の話は、結構引きがあったというか、
話してる内から視線を感じた(笑)。
やはりみんな興味を持っているというか、悩んでいる所みたい。

 

決められた時間内に、集まった人達が大体の持ち時間を通して、
順番に話したい事を少しずつ話していく。そんな感じ。
茶々を入れず、ただ黙って聞く。話し手の意見は尊重される。
それだけで、充分癒されるし、憑き物が取れたかの様になる。

昔は、こういう実際に会うという様なものが苦手だった。
だから某mixiとか使って、そういう人達と交流を持ってた。
色々人と出会って色々あったけど、沢山の気付きを得たよ。

 

もっと気楽に、もっと気軽に、みんなが来られたらいいなといつも思う。
症状の軽い人重い人、色々な人が、会社帰りにのみに行く事の様に、
当たり前に、こういう場に行けたらいいのにな。


つか、こういうカフェやりたいわ。ぶっちゃけカフェみたいなの。
みんなで一緒にご飯作ったりしてね。共同体験大事ねみたいな。
エリック・エリクソンみたいに。

 

会合終了後、俺の本見せたらみんな食いついてた。
そして何故かみんな表紙写真を撮る(笑)。
amazonカートに保存でええやんか(笑)。
俺は大体欲しいもんはamazonカート入れてから後で検討。

 

みんな恋愛がうまくいかないというのが、
やっぱり結構あるんだろうし、相当苛烈に傷付いて来たんだろうなと思う。

 

そういうの、無くなったら良いのにね。
みんながみんな、好きな人を自由に自分らしく愛せたら、
どれだけ素晴らしい世界だろうね。

 

悔しいよ。本当に。
親や祖父や、自分の代までずっと続いてきた家系を遡って、
全ての業を背負ってるんだもん。
俺のせいじゃないけど責任だけはあるという、かなりのハンデ戦

 

でもこの言葉に出会って良かった。これほど端的に自分を表す言葉は無かったから。
俺の情緒面に於けるボキャブラリーはゼロに近い。
子供みたいに「そんなんちゃうねん」とかしか言い様が無かったから。
好きだよ。大好きだよ。でも避けてしまう。怒ってしまう。傷付けてしまう。

 

いつも別離の後は、シザーハンズを思い出す。
俺の両手は全部、刃なんだよね。触れると切り刻んでしまう。
大切な女性に泣かれる事が、「どれだけ辛いかすら分からない」、
そんな辛さって、分かりますか?

 

俺はそんな思いや経験をずっとうたにしてきた。
もう辞めたかった。歌う度に力を奪われるから。
褒められるのもおかしな話。
こんな、悲しみと苦しみと憎しみの塊を、
あなたは支持するのですか?って思う。

 

恐れ・回避型は、満たされない思いと悲痛な叫びを、
作品に昇華させる事が多々あったらしい。
俺もそうだよ。分かるよ。血で文章を書く様に、血で音符を紡ぐんよな。
あんたなんかに、分かるわけ無いよと絶望しながらな。

 

如何に、このよとあの世の境目のギリギリを歩いて、
向こう側に近付いていくかという世界。
神になれるかどうか。

 

嫌やわ。苦しみたくねぇわ。

 

そんな気持ち。

 

楽器を持つのは楽しいが苦しい。
音楽は音を楽しむもんですなんつってる奴は捨てておけ。
なんもわかってない。
それはそれで良い事なんだけどね。
自分の思う所とは違うってだけ。

 

深夜のドライブの時に掛ける曲を置いて去ろう。
何回聴いてもあのギターソロで泣ける。


BLANKEY JET CITY Saturday night Last Stage ...

 

今日も千切れて死の底に落ちそうな魂を、
みんなの力を借りて繋ぎ止める事が出来ました。

 

よかった。

広告を非表示にする