読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

あなたに誤解されたまま死ぬのは嫌。

アダルトチルドレン 死、生きる 愛着障害

どう思われても良い。何も言う資格は無い。
でも、あなたに誤解されたまま死ぬのは嫌。
あなたを想ってなかったから傷付けたんじゃ無い。
あなたを「誰よりも大切に」「想っていた」からこそ、
傷付けたり、回避せざるを得なかった。頼られるとイライラする。

 

それは母と妹が、足手まといだとずっと思ってたからだと思ってた。
いちいちこっちに助けを求めず一人でやってくれって思ってた。
ただでさえしんどいのに、これ以上問題を持ってくるなって思ってた。

 

でもなんか、そういうものの考え方も、
回避型と当て嵌めればピッタリ。

 

‥病名を、的確に書かれた病状を、発見して安堵して、
進歩するのを辞めようってんじゃ無いんだ。
今、自分がどんな状態にあるのか、それが分かった。
いつか分かって欲しい。本当に。分かって欲しい。
誤解されたまま生きて死にたくない。

 

世界で一番優しい人。彼女でダメならもうダメだと思ってた。
根本的にあかんかったんやね。今度こそ自分はクズだって烙印を押された気持ち。

 

過去と、痛みと直接向き合うのは一番やったらダメな事。
そのもっと前の事を思い出してた。

 

小学校の頃、ずっと一緒に居た子が居た。
小学校三年で彼とどつきあいしてからおかしくなってきた。
凄い自分を責めてしまった。それからは何も出来なくなってしまった。
怒るとどうなるか分からなくなった。それからはいじめられるがままだった。

 

彼とはずっと遊んでた。愛着の対象が、彼だったのかも知れない。
私には家族は居たが居なかった。
彼の気分次第でこっちに攻めてきたり来なかったりする。
大変な混沌だったと思う。それで無くても家は荒れていた。
彼は母子家庭だった。母子家庭は皆殺しにすべきだと中学の不登校の後悟った。
(まともに生きてる母子家庭の人には悪いけど、当時の自分はそう思った)

 

だが、両親おったとしても、こうなってしまう。
不幸ばっかやったもんな。死んだ方がマシだったと今はよりそう思う。

 

クソみたいな人生。

 

彼を殺す事で私は救われるのだろうか。
こんな事を書いたら実際に殺した時、殺意在りと認定されて裁判で不利になるというのに。
でも今はそんな事どうでも良い。自分が救われるなら悪魔に魂を売ろう。

 

とは言っても、彼の住所も知らないし、探偵を雇う気も無い。
だから他人を殺して自分が助かる、みたいな心境は理解出来ないんだよな。
どうしたらいいんだろう。カウンセラーのオッサンと、このネタで喋るか。

 

いつか、彼女に日記読んで欲しい。
ボロカス書いた日記。もう絶対見てくれないけど。
愛したら傷付けてしまうなんて、どうしたらいいんやろ。
愛したら回避してしまうなんて。信頼されたら怒るなんて。
どうしたらいい。死ぬ以外に解決法はあるのか?

 

死ぬ勇気も無いんだよどうせ。
全部中途半端で嫌になるね。

 

いつか分かって欲しい。
それだけ。

 

っていうのと、
俺、彼に愛着を持ってた?んだなあって、
帰りの自転車で気付いた。

 

イヤホンぶら下げてるだけで犯罪者扱いだよ。
未だに納得いってないですからねこの法律。
そんなん鈍臭い奴の所為やろこんなもん。
アホに世の中を合わせるからどんどん劣化するんやっつの。

 

ん?だから講習が義務化なのか?
みんな器用だったらこんな事も無かったのか?
連帯責任?五人組制度?
足を引っ張られる事は本当にイライラする。

 

かと言って、俺能力高くも無いけどな。

 

仕事とか友人とかだったら、
うまくやれるのになあ。

 

この身と心が恨めしい。

 

すれ違い様にチャンネー(おねーちゃん)に顔を見られる事が増えてきた。
ようやく、それに気付ける位の余裕が戻ったのかも知れん。
なんだ、こんな欠陥品のこんなツラがええんかい?
なんでもするよ。炊事洗濯お料理も。
あるだけお金も渡すよ。美味しいご飯出す店に連れて行くよ。

 

でも、ずっと側には居てくれないんだよな。

 

最初に付き合った人は、ずっと一緒に居た。
その人の家に入り浸ってた。
家が汚すぎて掃除命令を出して、精神に良くしようとした。
実際彼女は落ち着いた。手首を切らなくなった。
母親の手術で一旦帰って、そのタイミングで薬を抜いたらぶり返したらしい。

いつも家族だ!俺の事棒きれみたいに!
全員死んだらええねんもう!!天涯孤独で野垂れ死ぬ方が良かったわ!!
彼女と一緒に住めなかったのも家族の所為だ。
最初から何も無かったら良かったのに。

しばらくグルグルしてから、本を読んで寝よう。
肌身離さず持ち歩くようになって来た。

 

 

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

 

 


02-無効の日 - YouTube

広告を非表示にする