ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

そして今日は、晴れる

今日のいて座の予報 - ジョナサン・ケイナーの星占い
http://bit.ly/1JlKTJU

私たちは自分の人生にいる
さまざまな人々を気にかけています。

 

私たちは彼らの幸福を願い、
彼らにとって良い状況が保たれるよう格別に努力します。

 

自分が一番大事にしている所持品を守るためにも
同じような努力を払うことだってあるかもしれません。

 

しかし、もし私たちが問題を守り、
温存しておくためにせっせと努力し始めたとしたら、
それは何と奇妙なことでしょう?

 

私たちは、問題がずっと付きまとい、
自分を悩ますことができるように必死で戦うのでしょうか?

 

人生は今、ずっとあなたを悩ませてきた困難から
立ち去るチャンスをもたらしています。

 

この別れのプロセスを止めようなどと思う必要が
どこにあるでしょう?

やっぱり俺を見てるな(笑)。私マスターやで。
過去のガールフレンドに「私マスターやなあ」って言われた事あるな。
月のものに相当弱い人だったので、その時期に「あんま無理しないでなー」つっただけなのにな。
あれもダメージ個人差がありまくりだったりするようだね。
周期もまばらだったのが、自分と居る内は安定してたよーな。
もっと安定させてたかったなあ。やっぱりそれも、ダメだった。

 

 

境界性パーソナリティ障害は治せる!  正しい理解と治療法 (心のお医者さんに聞いてみよう)

境界性パーソナリティ障害は治せる! 正しい理解と治療法 (心のお医者さんに聞いてみよう)

 

30分も掛からず読んじゃった。「解離」という言葉が書かれていた。
やったり、暴れちゃった事?の?記憶が無くなるという。
俺も何度もやったな。言葉で傷付けまくって、覚えてないんだよ。
それまでの印象が無駄に良いから、落差がでかいんだろうね、
二度と顔も見たくないっていう流れにしかならない。
大切な人程そうなる。死にたくなるよね。

 

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

 

この本に書かれている「傾向」と「対策」を読んだ。
私は回避型と不安型のミックス。最強最悪だ。
対策は、安定型の人とのんびりやる事だそうだ。
要は、口説きまくるしか無いようだな。

 

不安型と回避型 | 解毒ノススメ
http://bit.ly/1Fux9Fs

 

このパターンが多い気がする。不安型の人と仲良くなる事が多い様な‥。
一番ダメなんだよな。‥何がダメやねん。その人の事好きになっただけなのに。

でもまあ、占いにも通じるけど、彼女と別れた事でここまで気付けたんだよな。
弱ってなかったら心理書の棚にも行かなかったし、
この本を手に取る事も無かったし、自分への気付きも無かった。
‥でもさ、この本読んでみて欲しかったよ彼女にも。
悪気は無いんだよ。分かってよって、言いたかった。
拙いけど、しょうもないけどさ、一生懸命想ってたんだよ。
生きるか死ぬかの仕事も、家族とあなたの面倒を見るためにそれなりにやってたんだし、
愚痴位言わせておくれよ。言い過ぎたかな。そうなんだろうな。
それだけじゃないんだろうな。もっと教えて欲しかったよ。
言われたけど記憶無くしてるんだもん。どうしようも無いよな。
既に言ったから言わない、で終わっちゃった。

 

なんでこんな自分なの。
自分を責めもするわな。

 

種田山頭火や、夏目漱石も、回避型。
山頭火は離縁の問題の時にもあっさりと判子をおしたり。
後でめっちゃ傷付くんだろうけど、さらっとしてるように見えるんだよな。
漱石は家ではほんとガチのクズだったらしいけど、弟子への面倒見は相当良かったらしい。
愛着を取り戻そうとしてたり、弟子にとっての安全基地みたいにしてあげてたんだろうな。

 

俺も、相方さんには安全基地みたいに想って貰えるんだよな。最初は。
でも段々、頭がおかしいのがバレるわけだ。
「裏切られた」、「騙された」、「こんなに信じたのに」。
もっと色々想われるんだろうな。

 

すまんとしか言い様が無いよ。
なりたくてなったわけじゃないんだ。
想えば想う程、酷くしちゃうなんて、そんな性質が自分にあるなんて、
信じたくも無いし、見たくも無かったってのは分かって欲しい。
気付くのが遅れた。分かってたらもう少しやりようがあったかも知れない。

 


そう、この境地に辿り着くまでに35年掛かったんだよ俺は。
ギフトと思うしか無い訳だ。

 

「また、音楽やってよ」って、彼女に言われたけど、
この本にも書かれている様に、創作は心の痛みを表現したものだから。
もう頭のおかしい人を辞めたかった。ふつうになりたかった。
普通の人が頭おかしい風を演じて、それっぽい事をうわべで歌ってるのが我慢ならない。
聞けば分かる。何故そんなレコードを買うんだお前等は。
理由は「店にそれしか無いから」「売れてるから」「みんなが聴いてるから」。

 

ナンセンス!みんなが死ね言うたらお前は死ぬのか!?
もう日本人嫌い。自分の意志を持って行動してくれ。
なーんか昔は、こんな事ばっかり考えてたな(笑)。
携わるコミュニティが狭くて、かつショボかったね。

 

こっち側の世界の住人は、真贋をすぐに見極められると思う。
「あ、これ凄いな」「あ、こいつナンチャッテだな」。
ピンと来るもんだと思う。

 

そういう世界から足を洗いたくて、楽器も持てなかったのかも知れない。
楽器を弾くという、楽しい、自分が楽しむ事を
恐れているのでは無くて、
自分がキチガイに戻る事を恐れていたのかも知れない。

 

こう見たら、なんかすっと腑に落ちる所がある。
そうかー。そうなのかもな。

 

とりあえず、岡田尊司さんの本を後二冊追加で買った。
似たよーな事書いてるだけかも知れんけど、読んでみる。

広告を非表示にする