読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

コントロール

アダルトチルドレン 死、生きる

 

35歳クライシス―なんとなく「うつっぽい?」心がラクになるストレスコントロール

35歳クライシス―なんとなく「うつっぽい?」心がラクになるストレスコントロール

 

 起業して、独りで思う通りに仕事をする。あの人の夢。
俺の前々職。ほぼ一人の実験室で勝手気まま。
これは仕事のコントロールだ。

 

今の職場は、稚拙な協業スタイル。正直発狂しそう。
戻りたいが、この本に協業の必要性も説かれている。

ちょっとまだ書けない。
眠ろう。

 

 

追記。

向こうの信念は「夢を持って前向きに進む」になった。
それを自分に、当てはめようとしていたのだろう。

 

俺は俺で、攻撃したり、憐れまれようとしたり、
ありとあらゆる共依存のパターンを繰り返した。

 

双方、共依存のパターンだ。

 

俺は俺で良いし、向こうは向こうで良い。
余り共通項の無い二人だからこそ、
補い合ってやっていけると思っていた。

 

こちらに来て数ヶ月、気付けばもうSNSでメッセージが来る事もお互い嫌がってた。
俺は毎日死にそうだったし、支えて欲しかった。
本当に辛かったし、支えて欲しかった。
けど向こうは、自分自分。俺も自分自分。
思いやる余裕は俺に無かった。

 

本当に仕事が辛くて、一日で辞める奴も居る位のところで、
毎日死と隣り合わせで生きて、帰るのがやっとで。
仕事をコントロールして、独りでバリバリやっていた頃を思い返しては、
こんなもんじゃないのにとイライラし、彼女に当たり。

後でもう少し書こう。しんどい。

広告を非表示にする