ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

  • パッチが乾くのをひたすら待っている。股引と言い換えても可。ブレスサーモ恐るべし。
  • 朝のよ〜いドンでハンバーグ旨そうだったので昨日か一昨日の夜に食べたのにまた昼にハンバーグ。北大路のはせがわ。火曜日はランチでハンバーグ食べられるのでおいしい。トマト基調のソースが旨い。付け合わせのナポリタンが旨いと思えるのはここだけ。野菜も備え付けのドレッシングもいちいちおいしい。
  • なないろんを買ったはずなのにどこかに行ってしまった。なないろんとは化学ぞうきんみたいなので、知ってる人なら知っている、新岡ギター教室webで紹介されてたので買っておいたのだ。フレット磨きに最適らしい。方々探したが結局無かったのでスチールウールを買った。マスキングテープでフレットだけを露出させ、磨きを掛けるとやはりくすんでいたフレットが輝きを取り戻した。しかし弦を張る時にテンションを下げる事に拘って弦の余裕を少なくして巻いて行ったのが響いてチューニングが不安定になってしまった。かなり鬱陶しい。4弦だけ何度調整しても音程が下がる不思議なギターが出来た。やっぱ弦は最低ペグ1.5個分は余らせて切らないとダメだと悟った今日。
  • フロント、ミドルPUのトーンは効きまくるほど効く事が分かった。改造は間違っていなかった。現状のコンデンサの容量、0.047μFだとさすがにブーミー過ぎるかもなぁ。もう少し容量の小さなモノにすれば、カットオフ周波数も上がるので若干変わってくるはず。いや変わる。
  • 近所の1000円髪切り屋が休みだったので髪切りは明日。
  • 今日も俺のイチゴパナップは優しく微笑みかけてくれる。パナップはイチゴが最高だ。限定のマンゴーもかなり熱かったがな。
  • 弦の巻数の少なさによるチューニングの不安定を受け、ロック式ペグもブチ込んだろかい!ってな気分になっている。こうなってくるともう殆ど原形を留めてない我がギター。フェンダージャパンとは言うモノの、ピックアップはヴァンザント、ピックアップセレクターはクライオ処理済みのハイエンドパーツ、フレットは打ち直してるし、ピックガードも黒に換えた。もう殆どフェンジャパではないのだが、ここで更にトドメを刺しても良いかなと思っている。ゴトーのSD91-HAPM-05M-L6-NかSDS510-HAPM-05M-L6-Nを狙う。両者の差異はシャフトの可変長が0.5mm違う。どっちでもええがなって感じだけどな。ロック式かつ、シャフトを上下に可動させてテンション調整まで出来るという優れもの。ロックするという行為の意味が分かっていれば、シーゲル巻にも自力で辿り着けそうなものだわな。
  • さて、どこでお守りを買えばいいのか、調べよう。京都の神社仏閣について殆ど疎い私。いや何もかもに疎い私。