ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

メシはクエ

  • 気付けば37.5分の体温。平熱35度台の俺様足元今日もフラッフラ、街はふるさと。イースタンユースを聴きつつ胃腸に優しい沸かした万能薬ことサントリーウーロン茶を飲む。
  • 首、肩の回りがやたら凝る。頭痛を併発するのでたまったもんじゃない、金はたまらない、の二重苦。ヘレンケラーの弟子位にはなれるだろう、とか言って、首の筋トレを敢行。まずは仰向けに寝て、ひたすら首を起こしては戻して、の繰り返し。筋肉がダルくなって出来なくなるまで高速でやる。それを四方向。段差のあるところで頭を宙空に浮かせてやるとアタマの重さがモロに首に掛かって効果的。分かってると思うけど痛むまでやると文字通り痛むので辞めよう。座右の銘はしんどいことやいたいことはしない、だ。
  • 後は肩。両手を上に挙げて、腕を曲げて手を反対の腕の肘に。右手で左肘をつかみ、その逆も。そうして全力で肩を内側に、入れる!ダルくなるまで全力で。辞めた後の血流感ったらない。ジワジワ〜っと、血液が流れてる感じがたまらない。心臓の鼓動程はイライラしない。そんな感じ。
  • それだけでも肩凝りはかなりマシになる、というか頭痛は改善されるはず。自己流なので俺にしか効かないかも。でもまぁ、ヘルニアンな僕は同じ姿勢で居続ける事が腰にとって悪影響なのを知っているのと同様に、肩もそうなのであろう。違った体勢で、負荷を掛けてやればいいのだろう。柔軟体操の重要性をこの歳になって知る。無理の利かないカラダ。もう、あなた一人の、カラダじゃないんだからね♪。なんなんだ。

YouTube - Eastern youth まちはふるさと

http://www.youtube.com/watch?v=S-BMVv8rEt4&fmt=16

広告を非表示にする