ゆっくりいこう

悪意はありません。気分を害されたら済みません。自分の為だけに書いています。主に愛着障害(恐れ-回避型)やアダルトチルドレンからの回復を目指して、日々思う事を書いています。

久し振りの勝利

http://www.kyoto-purple-sanga.co.jp/index.php?PAGE=2&ID=928&MENU=3

この試合、バレー、パウリーニョ両エースの迫力ある攻撃、久々先発の松田の2得点、守備陣の奮闘、守護神平井のファインセーブなどみんなが一丸となって勝てたいい試合だったのですが、敢えて、私は後半から途中出場した冨田選手をクローズアップしたいと思います。今季初ベンチ。しかも体がキレているとの事。これはいやがおうにも期待は高まります。

が‥、

  • 右サイド相手ペナリティーエリア付近でパスを受ける。仕掛けるのかと思いきや気付けば敵にボールが渡る。比較的緩めの解説陣に「積極的に行って欲しかったですね」とファーストタッチでいきなりダメ出しを喰らう。
  • 相手の攻めを辛うじて防ぎ、中払がボールを持ち左サイドを果敢に駆け上がる。センターライン付近で待っていた冨田選手にパス。しかしまたもや気付けばボールは相手に。すかさずスライディング。ファール。相手ボール。
  • 後半44分、中払に代えて美尾登場。先ほどと同じ様なシチュエーションで相手の攻めを防いだ後、美尾が左サイドを駆け上がる。懲りずにセンターライン付近で待っていた冨田にふわりとしたパス。ヘッドで左の美尾に返そうとした冨田。しかしボールはそのままタッチラインを割る。相手ボール。

以上です。後はドラゴンボールで言う所の心を無にする、ハンターハンターで言う所の絶を駆使し、完全にピッチ上に居ながらにして姿を消していました。結構探してたんですが見つけられませんでした。以上京都ユース昇格組冨田晋也選手でした。レンタルで欲しいというチーム、ございましたら無償レンタルでお貸し致します。はぁ。

広告を非表示にする